感動の研修JEAN

MENU

JEAN BlogsJEANの「感動価値」ブログ

2020/12/30

【Day2】とあるケーキ屋さんの「感動価値」

とあるケーキ屋さんから買ったケーキに・・・

今回は、自宅の近くの洋菓子屋さんのサービスで見つけた「感動価値」のお話です。

「感動価値」とは、顧客が思わず感動してしまうような付加価値のことです。

 

先日、家族用にクリスマスケーキを買いに行きました。

地元で定評がある洋菓子屋さんで、前回購入時にとても美味しかったので、再度購入をすることにしました。

ケーキは、もちろん美味しかったのですが、今回ご紹介する感動価値は、ケーキの「箱」です。

 

ケーキを取り出そうと、箱を開けると、箱の内側のフラップ部分(赤枠)に、以下のようなメッセージが記載されていました。

想いを込めてお作りしました。皆様に笑顔が溢れますように・・・

 

 

このメッセージですが、記載があるのとないのでは、お店に対しての印象が大きく異なると思いませんか?

このようなほんの少しの心配りが、サービスや商品を受け取るお客様の感情を動かします。

 

顧客にとっての「感動価値」をつくるには・・・

サービス・商品を提供する側の企業が、それらを受け取った後の顧客側の感情を想像して、サービス化、商品化することが大切です。

 

この箱を製造したメーカーさんや、この箱を採用したメーカーさんは、顧客にどんな感情を持ち、どんな気持ちになってほしいと思ったでしょうか。

 

私は、こんな風に思いました。

「色々な人が携わって、色々な想いを持ってこのケーキを作ったんだろうな」

「ケーキを受け取った私たちに、楽しい気分を届けたい、と思ってくれているんだな」

 

このように、企業が提供する「感動価値」には、顧客に対する「思いやり」や「愛情」が、意図的に含まれています。

お打合せを
希望の方

メールで
お問合わせ

お電話で
お問合わせ